カウンター
[PR] ソーテック 黒羊と樹上で見る夢 継承ものがたり 其の三 忍者ブログ
のんびりまったりベルアイルプレイ日記です☆
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。苺です。生きてます…
きょうはお友達のお誕生日のお祝いで、お友達の彼氏さんと自分の三人でケーキを食べてきました。
自分と仲のいい二人でだいぶんほんわかしてきました。いや~癒されるカップルを見るのはいいですね。
何か…眩しいよ…(遠い目
そういえば、今週末友人が我が家へやってきます。みっちりフォトショを仕込んでもらいたいですが、きっと他のやることが立て込んでいるので焼肉食べて終わりになったらどうしよ…
友人が来るといつも思うこと…今一番欲しい物は、IHクッキングヒーターです。(実用的だな、おい
鍋とか美味しい時期になりますね。あーつくね食べたい><


それでは、第三夜。








「さあ、もう泣かないで。おばあちゃんはね、死んじゃうんじゃないのだから。」

継承の門へと向かいながら泣いているその子に囁くように言った。

「おばあちゃんはね、女神様の所に行くのよ。でも魂は貴方の妹が持ってるの。だから死ぬのじゃないわ。」

最後のおめかしとばかりに使った化粧筆のお陰で、私は少女の姿だった。
最初から決めていたのだ。
この世界から自分がいなくなる時、すなわち孫が生まれる時は最初に私が”ここ”に来た姿でいようと。

自分の始まり。

神殿街の階段はいつもは長く感じたが、もう目の前だ。

bi_20071025212536.jpg








「ここに来るのも、もう最後なのね。」

門に着くと、見覚えのある二人がいた。

「折角だからお見送りしようと思って!」
そう言ってくれた若い二人は、明るい笑顔を見せてくれた。
そうだ、悲しんでばかりはいられない。きっと心の奥底自分自身がいなくなってしまうことが名残惜しく、知らないうちに沈んでいたのではないかと改めて認識させられた。
「樹苺さん、”いってらっしゃい”ですね。」
そう言ってくれた二人に何かが吹っ切れた気がした。

「…えっぐ…うぐ…」
まだ泣いている兎苺の息子をなだめるようにして言った。
「大丈夫よ、さよならじゃないんだから。行ってきますでしょう?」

「…うん…」
こくりと頷いた彼の瞳からは涙はもう出ていなかった。
きっと、この子もいい子にそだつわ。

「じゃあ、記念写真撮ったら行くわね。」

bi_20071025212229.jpg









「さてと…じゃあ、行ってきます。」


bi_20071025212736.jpg









ありがとう。そして、行ってきます。
今まで有難う。

 

bi_20071025213017.jpg








大丈夫。きっときっと、私の魂を引き継いだ子だもの。

bi_20071025213007.jpg







bi_20071025214233.jpg








bi_20071025214242.jpg









「お兄ちゃん!!」

「あ!!妹だ!!」

樹苺が門へと消えた後どれぐらいの時間がたっただろうか。
又泣き出しそうだった少年とずっと待っていてくれた若い二人の目の前に、少女が門から出てきたのだった。

「お兄ちゃん、おばあちゃんがね二人で仲良くしなさいねって。パパとママを大事にするんだよって言ってたよ」
海の色を汲み取ったようなブルーの瞳の少女は笑いながら言った。
髪の色は銀ががった暗いグレーでまるで龍の鱗の様だった。

「うん…大丈夫」

「お兄ちゃん、後で剣術教えて!!おばあちゃんがきっとおじいちゃんもパパも剣術得意だったから貴方も好きになるんじゃないかしらって!!だからやりたいの。」

賑やかな声に、樹苺はカビルハヤーの横で嬉しそうに微笑んだ。
「兎苺よりもおてんばさんだわ。」

「もう、いくぞ…よいか?」

「ええ」


眩しい光のゲートに入っていくと優しい風が頬を撫でた。

きっときっと、貴方の暮らしていく中には色々な素敵が見つけられるわ。沢山の素敵を見つけて、そしてあなた自身が沢山素敵になってちょうだい。
私の孫娘だもの。きっとできるわ。






                                                             完







言い訳…終幕
お付き合いいただき有難うございました><;文才の無さに溜息ばかりですね;
そしていささか、俺のターン!!エセポエマー発動!!になってしまってごめんなさい…
でも何だか、ちょっとすっきりしました。きっと樹苺も次に生まれてくるときまでゆっくり眠れると思います。
この様な駄文、駄作に長々と三回もお付き合いいただき有難うございました。
これからも兎苺・花苺を宜しくお願いします。










PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
無題
読ませていただきました。

やっぱり誰しもが、継承での「次代の子への想い」、
「消えていくキャラへの想い」は、強いんですよね。
それを物語で表したい。
私然り、うちの翔竜、八凪然り、ジヴちゃん然り
もちろん、苺さんも。

私は、物語を書くことで
消えていくキャラへの別れと
そして次代の子への挨拶をしています。
そうしないと1つの儀式が終わらない気がするんですよ。

これを機会に、また物語を書いてみてください。

最初のくだりは、私にはちょっと恥ずかしかったですけどw


某ブロガー 2007/11/13(Tue)22:10:06 編集
うえええええああああ!!!!;;;
こここ今晩は…すみません、すみません!!!!!!(土下座
なんだこの恥ずかしさはっ!!いや、恥ずかしい人間っていうのは自覚しているんですが…うわああん;;何か…本当お目汚し&恥ずかしい気分にさせてしまって申し訳ないです…
いや、もう、頑張って腕を磨いてM様(なんか卑猥だわ)の様になりたいと思います!!泣けるブログを…ブログを…を…orz
本当に見に来てくださってて嬉しいです><帰ってすぐブログ見てよかった~><そちらもお忙しいでしょうが頑張って下さいね!!
コメント有難うございました!!
2007/11/14(Wed)21:59:35 編集
無題
誤解させてしまったかもしれませんね
申し訳ない。

恥ずかしいって言ったのは、
単に私がラブラブチュッチュな話が苦手ってだけですw

なのでお気になさらず
某ブロガー 2007/11/15(Thu)00:40:50 編集
いやいや!!!!
いえいえいえいえ><大丈夫です!打たれ強い子ですから!!(笑
らぶらぶ~なお話は後からみればみるほど気恥ずかしいものがありまして…本人とてもてんぱっております……
だからコレが素なので、こちらこそ心配させてしまったみたいで御免なさい;
…ここだけの話、スケッチブックにM様のキャラを(勝手に)書き溜めている私…しょ…肖像権とか大丈夫でしょうか…?(笑
あと、また素敵な歌声聞かせてくださいね~新作待ってますw
2007/11/15(Thu)02:09:59 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
性別:
非公開
趣味:
何か作ること
自己紹介:
オンラインMMORPGベルアイルにぼつぼつ出没してます。
現在ボーダーにて弓修行中の樹苺(四代目)です。
初代…樹苺(消滅)、二代目…兎苺(消滅)
三代目…花苺(裁縫修行中)
光130の弓遣い目指して頑張ります。あときこりを…
最新CM
[12/02 月斗]
[11/17 苺]
[10/17 権]
[10/15 苺]
[09/14 月斗]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"苺" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.